スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ最終日は28日、千葉県の印西市松山下公園総合体育館で8人による決勝が行われ、女子は17歳の森秋彩(茨城県連盟)が2連覇を果たし、1月のボルダリング・ジャパンカップとの2冠を達成した。東京五輪代表の野口啓代(TEAM au)は2位だった。

 男子は前回2位で16歳の吉田智音(奈良・青翔高)が初優勝。藤井快(TEAM au)は3位だった。