立憲民主党の枝野幸男代表は28日、新型コロナ感染拡大により自粛していた地方行脚を緊急事態宣言の全面解除を受けて再開した。松山市で党県連幹部らに会い、次期衆院選に向けた態勢づくりを急ぐよう指示。記者会見では、菅政権が新型コロナ対応に失敗しているとして「政権を代える以外に今の危機を乗り越えられない」と訴えた。

 枝野氏は状況を見ながら訪問を増やし、地方組織を固めていく考えだ。

 会見では、衆院選の小選挙区について「自民、公明両党との一騎打ちをできるだけ多くする」として、共産党などとの候補者調整を進めていく考えを示した。