東日本大震災の津波と火災で壊滅的な被害に遭い、住民約500人が犠牲となった宮城県石巻市南浜地区で「石巻南浜津波復興祈念公園」が28日、オープンした。伝承施設も完成したが新型コロナウイルスの影響で開館は延期となった。

 宮城の他、震災と東京電力福島第1原発事故の被害が大きい岩手、福島両県でも国と地元自治体が1カ所ずつ祈念公園の整備を進めており、両県では伝承施設は既に完成している。

 28日は記念式典も中止となったが、住民ら約15人が集まり園内の「祈りの場」で献花。海に向かって黙とうをささげた。

 市の犠牲者の名が刻まれた慰霊碑や追悼のための広場などがある。