【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁は27日、本拠地ワシントンでのピストンズ戦に先発し、35分5秒プレーして、8試合連続2桁となる14得点、6リバウンドだった。試合は106―92で勝ち、連敗を3で止めて16勝28敗とした。

 ウィザーズは前半に27点をリード。第3クオーターに詰め寄られたが、第4クオーターに八村らの活躍で突き放した。