東京五輪の聖火リレーが28日、栃木県でスタートした。福島県に続いて2県目のリレーで、聖火は関東に入った。日本最古の学校とされる史跡足利学校周辺の石畳を走り、本堂が国宝に指定されている足利氏ゆかりの鑁阿寺境内では、甲冑姿の「武者」と並走。蒸気機関車(SL)との共演や、舟でのリレーも実施した。

 足利市の出発式では和泉聡市長が、2月の山林火災で支援を受けたことに感謝を述べた上で「聖火リレーは友情や絆の輪を全国につなぐイベントだ」と、あいさつした。

 小山市では1964年の東京五輪の聖火ランナーが栃木県庁前を出発した日に生まれた本田五輪子さん(56)が走った。