【ストックホルム共同】来年2月の北京冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権最終日は27日、ストックホルムで行われ、アイスダンスの小松原美里、小松原尊組(倉敷FSC)が合計167・81点で19位となり、日本の五輪枠を一つ獲得した。計23枠のうち、今大会で19枠を決めた。日本は男女とペアを合わせ、全てで五輪枠を手にした。

 小松原組はリズムダンス(RD)18位で迎えたフリーで20位だった。

 ロシアのビクトリア・シニツィナ、ニキータ・カツァラポフ組がRDに続いてフリーも1位の合計221・17点で初優勝。