【テヘラン共同】中東歴訪中の中国の王毅国務委員兼外相は27日、訪問先のイラン・テヘランでロウハニ大統領、ザリフ外相らと会談し、2国間協力の強化で合意した。両国は今後25年間にわたって政治経済関係を強化するための新たな協定を結んだ。

 中国は米国と覇権争いを繰り広げ、イランは核ミサイル問題で米国との対立が続いている。中国とイランには結束を強め、米国に対抗する力を蓄えようとの狙いがある。

 27日の会談では核合意についても協議。核合意は、米国による対イラン制裁の強化とイランの核開発拡大によって、深刻な機能不全に陥っている。中国は核合意の存続を主張している。