オリックスは0―1の三回に伏見の適時打で追い付き、四、五回は暴投で得点した。宮城が緩急を使い8三振を奪うなど7回2失点で白星。平野佳、漆原とつないで逃げ切った。西武は浜屋が5回を投げ切れず試合をつくれなかった。