広島は一回に田中広の先頭打者本塁打で追い付き、四回は鈴木誠、坂倉の連続適時打で2点を奪った。九里が6回1失点と好投し、白星を挙げた。新人の栗林がプロ初登板でセーブ。中日は4安打に終わり、四死球で得た好機も逃した。