【ヤンゴン共同】ミャンマーで国軍記念日の27日、国軍に抗議するデモ参加者らを治安部隊が銃撃するなどし、各地で114人が殺害された。オンラインメディア「ミャンマー・ナウ」が伝えた。今回のクーデター後、1日の死者数としては過去最悪。国軍は事前にデモ参加者の射殺を警告、激しい弾圧に出た。国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官は首都ネピドーで開いた式典で演説して、デモを強く非難し、クーデターを正当化する従来の主張を繰り返した。

 市民の抗議デモは最大都市ヤンゴンや第2の都市マンダレーなど全土で行われた。地元メディアによると、死者には5歳児の子どもも含まれる。