東海大菅生が逆転サヨナラ勝ち。2点を追う九回に1点差とすると、2死満塁から代打多井の2点二塁打で、試合に終止符を打った。2番手の松永、本田が無失点と踏ん張った。

 京都国際は五回に中川の3点二塁打などでリードを奪った。森下は丁寧な投球で要所を締めていたが、九回は制球が乱れた。甘い球を狙われて、逃げ切れなかった。