選抜高校野球大会第8日は27日、甲子園球場で2回戦3試合が行われ、智弁学園(奈良)東海大菅生(東京)中京大中京(愛知)が勝ち、ベスト8が出そろった。

 智弁学園は広島新庄を5―2で下した。1点を追う三回に3点を挙げて逆転。四、六回に1点を加えた。小畠が2失点完投し、5年ぶりの8強。

 東海大菅生は京都国際に5―4で逆転サヨナラ勝ちし、初のベスト8入り。2点を追う九回に1点差とすると、2死満塁から代打多井が2点二塁打を放った。

 中京大中京は15安打を放って、常総学院(茨城)に15―5で快勝。11年ぶりの8強入り。