米女子ゴルフの起亜クラシックは26日、カリフォルニア州カールズバッドのアビアラGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、73で回った上原彩子は通算1オーバー、145の37位で決勝ラウンドに進んだ。

 野村敏京は4オーバーで予選を通過できず、71だった前回覇者の畑岡奈紗は6オーバーで2戦連続の予選落ち。山口すず夏は8オーバーだった。

 朴仁妃(韓国)が通算9アンダーで首位を守り、ソフィア・ポポフ(ドイツ)が1打差の2位につけた。(共同)