智弁学園が逆転勝ち。三回2死一、三塁から垪和、前川、山下の3連続適時打で試合をひっくり返した。四、六回にも1点を加えた。小畠は低めに丁寧に集め、打たせて取る投球で、6安打2失点完投した。

 広島新庄は先発の花田が三回につかまった。打線は二回に1点を先制したが、その後は的を絞れずに、八回に1点を返しただけだった。