【ソウル共同】韓国の食品大手「農心」の創業者、辛春浩氏が27日、持病のため死去した。韓国メディアが報じた。同社の代表的な商品の即席麺「辛ラーメン」や「チャパゲティ」を開発したことで知られる。

 韓国メディアによると、1930年、蔚山生まれ。ロッテグループ創業者の故重光武雄(本名・辛格浩)氏の弟で、当初はロッテで働いていたが、ラーメン事業を巡って兄と対立し、独立した。