【ベルリン共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は26日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人第24戦(ヒルサイズ=HS240メートル)が行われ、3連勝を狙った小林陵侑は231メートルの227・7点で2位だった。

 強風のため予選は実施せず、本戦も進行が大幅に遅れて1回のみで順位を確定した。カール・ガイガー(ドイツ)が232メートルの237・3点で今季2勝目、通算8勝目を挙げた。

 佐藤幸椰は6位、中村直幹17位、小林潤志郎は30位、佐藤慧一は31位、岩佐勇研は52位だった。