政府が東京五輪・パラリンピックに訪れる選手以外の大会関係者について、従来の積算から半減させる案を検討していることが26日、分かった。国内外の新型コロナウイルス感染状況や変異株の出現を踏まえた措置。選手ら約3万人を含めた入国者数は最大9万人超と試算されていた。6万人程度とされる関係者の半減となれば3万人程度を抑制できる計算になる。

 複数の関係者が明らかにした。近く関係機関と本格的な協議に入るとみられる。海外からの一般観客の受け入れ断念は決めているが、政府は国民の理解を得て安全に大会を実施する観点から、大会関係者の人数も厳しく制限する必要があると判断した。