国内で26日確認された新型コロナウイルス感染者が2千人を超え、2028人となった。2千人を超えたのは、11都府県を対象に緊急事態宣言が出されていた2月6日以来。政府は22日に宣言を全面解除したが、早くもリバウンドが懸念される事態となっている。

 東京都の小池百合子知事は26日、都庁で報道陣に「東京の場合、2週間後は千人に行ってもおかしくない」と警戒感を強めた。

 大阪府が26日、新たに300人が感染したと発表した。1日の感染発表が300人台に上ったのは緊急事態宣言中の1月30日以来。吉村洋文知事は「明らかな感染拡大の傾向にある」と述べた。