全国の子ども新聞や子ども向け紙面の「こども記者」が参加し、「第4回こども新聞サミット」が26日、オンライン形式で開かれた。国連が2030年までの実現を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」を切り口に、よりよい世界をつくるために何をすべきかを考える取材の成果を報告し、提言をまとめた。

 全国21の新聞社から小学5、6年のこども記者32人が参加。スポーツジャーナリスト増田明美さんがいる日本科学未来館(東京都江東区)と各地を結び、世界のさまざまな問題に自ら興味を持って取り組む大切さを確認。「正しく知って自分たちで行動し、発信し続ける!」との提言をまとめた。