【カイロ共同】エジプト・スエズ運河で座礁し、航路をふさいだコンテナ船の離礁作業について、船を所有する愛媛県今治市の正栄汽船は26日、同市で記者会見し「日本時間で27日夜の離礁を目指している」と表明した。現場周辺は27日あたりで大潮を迎えるため、大手船舶ブローカー「シンプソン・スペンス・ヤング」のアナリストは「離礁の最大のチャンスだ。このタイミングで航路を正常化できなければ長期化する」と予測した。

 地元当局は座礁発生から3日となる26日も離礁作業を継続。幅約300メートルの運河に対し、船の全長は400メートルあり、作業は難航している。