厚生労働省は26日、医療従事者に対する米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、国際的な基準で重いアレルギー反応のアナフィラキシーを発症したと判断されるのは21日までに接種した約58万回のうち47件だったと明らかにした。頻度は100万回当たり81件。いずれも回復しており、同日開かれた専門部会は「現時点で安全性に重大な懸念はない」と結論付けた。

 同省研究班による健康調査では、2回目を接種した約4千人を分析。37・5度以上の発熱が35・6%(1回目3・3%)、だるさが67・3%(同23・2%)、頭痛が49%(同21・2%)と1回目より大幅に増えた。