2019年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相の衆院議員河井克行被告(58)の被告人質問は26日午後、東京地裁で続いた。元法相は、妻の案里前参院議員(47)=有罪確定=の陣営スタッフに供与した現金に関し「(自民党の)政党支部職員として党勢拡大に従事したことへの給与だ」と主張し、買収を否定した。

 元法相は23日の公判で、起訴内容の大半に当たる地元議員らへの買収を認めたが、スタッフや一部議員への供与は無罪を主張した。

 元法相はこの日、「ポケットマネーなどで給与を支払った。訴追されたのが理解できない」とした。