【北京共同】中国共産党系メディアは26日、新疆ウイグル自治区の人権問題を理由に欧米企業が新疆産の綿を使用しなくなったのは、繊維業界で影響力のある国際的な非政府組織(NGO)「ベター・コットン・イニシアチブ」(BCI)のせいだと非難した。欧米諸国の政治的な意図が影響していると主張した。

 スイスに本部を置くBCIは綿花に関連する農業団体や繊維業者、衣料品ブランドなど2千超の会員で構成。持続可能な農業を支えることを目標に掲げている。新疆での強制労働の懸念が国際社会で高まる中、昨年、新疆綿の認証を撤回した。