明豊が競り勝った。四回に米田のソロ本塁打で先制。六回に追いつかれたが、1―1の七回2死三塁から代打竹下の左適時打で勝ち越した。太田が6回1/3を1失点、7奪三振と好投。七回1死一、二塁で救援した財原も粘り、最後までリードを守り切った。

 市和歌山は打線がつながりを欠いた。五回から登板した小園は要所で踏ん張れなかった。