小田急電鉄の特急「ロマンスカー」の歴代車両を展示した「ロマンスカーミュージアム」が神奈川県海老名市に完成し、報道関係者に26日、公開された。オープンは4月19日。コロナ対策として当面の間は予約制となる。

 小田急線海老名駅に隣接したミュージアムは地上2階建て。着工から約2年、35億円をかけて建設された。展望席からの迫力ある風景が人気だった「NSE」など、引退した5種類のロマンスカーが勢ぞろいするほか、開業当時の「モハ1」も展示。

 実際の運転台を使ったシミュレーターで運転体験も楽しめる。箱根や江の島など沿線の観光地を走る小田急線を再現した巨大ジオラマもある。