東京都は26日、新型コロナウイルスの感染者が新たに376人報告されたと発表した。直近7日間の平均で示す陽性率は4%に達し、2月18日以来の水準。50代から90代の男女15人の死亡も確認され、死者の累計は1689人となった。

 昨年11月上旬に陽性率が4%へ上昇した際は、その後年末年始にかけて感染者数も併せて増加していった経緯があり、都の担当者は「厳しい状況だ。注視しなければいけない」と警戒感を強めた。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は330・3人で前週比111・2%に増えた。

 入院中の患者は前日より7人増の1399人、重症者は4人増の45人だった。