26日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比19銭円安ドル高の1ドル=109円27~28銭。ユーロは04銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円73~74銭。

 米長期金利の上昇を受け、日米金利差の拡大を意識した円売りドル買いが先行した。市場関係者は「日経平均株価の上昇で投資家の積極姿勢が強まったのも円売りの要因だ」と話した。