【北京共同】中国外務省は26日、英国が新疆ウイグル自治区の人権問題を巡り対中制裁を発動したことへの対抗措置として、英国側の9人、4団体を対象に制裁を科すことを決めたと発表した。欧米諸国と中国の対立がさらに強まった。

 中国外務省は「(英国が)人権問題を口実に中国に一方的に制裁を実施し、内政干渉した」と非難。「悪意をもって虚偽の情報を広めた」として英国の政界関係者ら9人や、保守党人権委員会などの団体・組織を列挙した。中国への入国を26日から禁じたほか、中国での資産を凍結する。

 英国は22日、新疆の人権侵害に関与したとして中国当局者らへの制裁を発表した。