【ワシントン共同】バイデン米大統領は25日の記者会見で、政権発足100日となる4月末までの新型コロナウイルスワクチンの接種目標について、当初目標の2倍となる2億回分を目指すと表明した。ワクチン普及を急ぎ、7月初めまでに社会の正常化に道筋を付けて経済回復につなげる方針。

 ジョンズ・ホプキンズ大によると、米国の感染者は3千万人超で世界最多。疾病対策センター(CDC)によると、これまで約1億3300万回接種している。バイデン氏は2億回分接種について「野心的だが達成できると信じている」と述べた。