【パリ共同】オランダ出身の画家ビンセント・バン・ゴッホ(1853~90年)の作品で、まだ美術館で展示されたことのない個人所蔵の絵画が25日、パリで競売にかけられ、約1300万ユーロ(約16億7千万円)で落札された。競売大手サザビーズが発表し、フランスのメディアが伝えた。

 絵画はゴッホがパリに滞在していた1887年に描いた「モンマルトルの通りの光景」。印象派の影響を受け、明るい色彩を取り入れ始めた転換期の作品とされる。作品目録には写真と共に記録されていたが、あるフランスの家族が1920年ごろ取得して以来、公開されたことはなかった。