【ワシントン共同】会員制交流サイト(SNS)を手掛ける米IT大手3社の最高経営責任者(CEO)は25日の議会下院の公聴会にオンライン形式で出席した。1月の連邦議会議事堂襲撃などを受けてSNSの管理強化を求める声が高まる中、フェイスブックのザッカーバーグCEOは対象を大企業に限定した上で、規制の一部強化を受け入れる姿勢を示した。

 グーグルの親会社アルファベットのピチャイCEOも「透明性と説明責任には良い提案だ」と一部強化に賛同。ただ、ツイッターのドーシーCEOは透明性確保には良いが事業規模を見極めるのは難しいと難色を示し、賛否で温度差が出た。