【ワシントン共同】バイデン米大統領は25日の記者会見で、医療や人工知能(AI)など最先端分野への研究開発投資を拡大する方針を表明した。国内総生産(GDP)比で現状の0・7%から2%程度への引き上げを目指す。競争力を強化し、技術覇権を争う中国に対抗する。

 インフラ投資では、中国が米国の3倍以上を投資していると指摘し、米国内の老朽化した道路などの整備を進めていく考えを改めて示した。

 バイデン氏はさまざまな分野で「中国と厳しい競争になる」と説明。米国が成長を続けていくために「米国の労働者と科学に投資する」と強調した。