【ベルリン共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は25日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人第23戦(ヒルサイズ=HS240メートル)が行われ、小林陵侑が合計452・5点で圧勝し、通算勝利数を日本男子最多の19として、複合男子の荻原健司と渡部暁斗に並んだ。

 1回目に235・5メートルを飛んで首位に立ち、2回目も244・5メートルの最長不倒をマーク。2連勝で今季3勝目を挙げた。

 佐藤幸椰は9位、中村直幹は16位、小林潤志郎は20位。佐藤慧一は36位だった。