【ストックホルム共同】フィギュアスケートの世界選手権第2日は25日、ストックホルムで行われ、男子ショートプログラム(SP)で4年ぶり3度目の優勝を目指す羽生結弦(ANA)がサルコー、トーループの2種類の4回転ジャンプを決め、106・98点で首位に立った。

 初代表の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)も2種類の4回転に成功し、自己ベストを更新する100・96点で2位と健闘した。3連覇を狙うネーサン・チェン(米国)は4回転ルッツで転倒し、98・85点で3位。宇野昌磨(トヨタ自動車)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、92・62点で6位となった。