新型コロナウイルスの影響で中断していたサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組が25日に再開し、タジキスタンがホームでモンゴルを3―0で下し、勝ち点10とした。モンゴルは同3のままで敗退が決まった。同組は日本が4戦全勝の勝ち点12で首位に立っている。(共同)