加藤勝信官房長官は25日、衆参両院の議院運営委員会理事会に出席し、政府提出法案を再点検した結果、これまでの判明分と合わせて法案23本、条約1本の計24本にミスが見つかったと報告した。「心からおわびする」と謝罪し、原因究明と再発防止のため、省庁横断のプロジェクトチーム(PT)を新設する意向も表明。立憲民主党など野党は報告を受けて、26日以降の法案審議に応じる方針を表明した。

 条文の誤りは、既に分かっている産業競争力強化法改正案、銀行法改正案と、2月に施行された新型コロナウイルス対応の改正特別措置法の計3本だった。