東京五輪の聖火リレーに抗議するデモが25日夜、東京都内であった。新型コロナウイルス禍に加え、巨額の費用がかかる五輪開催に反対する市民団体が主催し、参加者約70人が「聖火を止めろ」「オリンピックより命を守ろう」などと訴えた。

 参加者らはJR新橋駅前を出発。主催した市民団体メンバーで、東京都の会社員首藤久美子さん(49)は「国のコロナへの対応や、女性蔑視発言を巡る大会組織委員会のごたごたの中で聖火リレーを強行したことに怒りを覚える」と話した。