近鉄グループホールディングスは25日、京都市や神戸市などにある八つのホテルを米投資ファンドのブラックストーン・グループに売却すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道やホテルの需要が減っており、事業の構造改革を進める。八つのホテルの帳簿価額は計423億円(昨年3月末時点)で売却額はそれを上回るとみられる。

 八つのホテルは都ホテル京都八条(京都市)やホテル近鉄ユニバーサル・シティ(大阪市)、神戸北野ホテル(神戸市)、都ホテル博多(福岡市)など。近鉄が運営を継続し、従業員の雇用も維持する。ホテルの名称も変更しない。