【北京共同】中国新疆ウイグル自治区での強制労働を懸念して新疆綿を使わないと表明していたスウェーデン衣料品大手H&Mに対して25日、中国でボイコットの動きが広がった。中国商務省の報道官は「消費者が実際の行動で反応した」と述べ、不買に理解を示した。一方、無印良品は中国の店舗で新疆綿の関連商品を販売し続けた。

 H&Mは以前から強制労働に懸念を示す声明をホームページに掲載していたが、共産党・政府系メディアは「虚言だ」と批判する報道を24日から突然展開し始めた。インターネット上では不買を呼び掛ける声が広まった。

 主要なネット通販サイトはH&Mの商品検索を停止した。