【ワシントン共同】バイデン米政権は北朝鮮による24日(日本時間25日)の弾道ミサイル発射を受け、挑発行動抑止へ日韓との連携強化を急ぐ構えだ。来週には日米韓3カ国の高官による協議をワシントンで開く。北朝鮮の非核化に向けた新たな政策の策定を進めるバイデン政権だが、対話を拒む北朝鮮に対応する有効策を見いだせない状況が続いている。

 北朝鮮は最近もミサイルを発射したが、米韓は国連安全保障理事会決議が禁じる弾道ミサイル発射ではないとして静観していた。今後の対応次第で北朝鮮は兵器実験を本格化させる恐れがある。