厚生労働省は25日、テレワークを導入する際の注意点をまとめた新たなガイドライン(指針)を全国の労働局に通知した。人事評価に関しては、出勤者だけを高評価したり、在宅勤務中に時間外のメールを見ないといった理由で低評価したりするのは不適切と明示。新入社員や転職直後の社員は業務に不慣れなため、コミュニケーションが取れるよう配慮を求めた。

 新型コロナウイルス感染拡大でテレワークが普及したため、全面的に改定した。指針に罰則はないが、労働基準法や労働安全衛生法などの規定に即して整理しており、守らない場合は違法となる可能性がある。