視覚障害のある70代の女性宅に侵入し現金を奪ったとして警視庁捜査1課は25日、強盗などの疑いで東京都青梅市の職業不詳小山貴之容疑者(61)を逮捕した。小山容疑者は女性と同じマンションに住み、障害を知っていたとみられる。「住宅ローン資金が足りず、金が必要だった」と供述している。

 逮捕容疑は2月14日午後3時ごろ、別人を名乗って女性の部屋に入り、手足を粘着テープで縛って脅し、約4万円とキャッシュカードを奪った疑い。女性にけがはなかった。

 捜査1課によると、小山容疑者は「警察に連絡したら殺す」と口止めしたが、女性が自力でテープをほどき、めいを通じ110番した。