日本スポーツ協会は25日、鹿児島県で2023年に実施する国民体育大会冬季大会のスケートとアイスホッケー競技会を青森県で行うと発表した。協会幹部が青森県庁に三村申吾知事を訪ね、開催決定書を手渡した。三村氏は「青森は冬季スポーツ振興に力を入れている。八戸市のリンクは氷の状態が良く、好記録が期待できる」と応じた。

 県は23年1月下旬~2月上旬の日程を視野に、会場を調整する。鹿児島国体は当初、20年の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。23年冬季大会のスキー競技会は、岩手県開催が既に決まっている。