仙台育英が14安打13得点の猛攻で快勝した。一回に秋山の適時打で2点を先制。二回に2点、三回に3点を加えるなど、小刻みに加点した。先発の松田は6回を3安打1失点にまとめ、8三振を奪った。

 神戸国際大付の先発の阪上は球威がなく、二回途中4失点。救援した楠本、武本はともに4失点と投手陣が崩れた。反撃も及ばなかった。