【サンパウロ共同】ブラジル保健省によると、新型コロナウイルスによる同国の累計死者が24日、30万685人となった。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、30万人を超えたのは米国に次いで2カ国目。

 ブラジルでは1日当たりの死者が23日に初めて3千人を超えた。感染力が強い変異株流行のほか、人の接触や移動などの規制を徹底できていないことが要因とみられる。

 地元メディアによると、全国の大半の州で集中治療室(ICU)の病床使用率が80%を超え、順番を待っている間に亡くなる患者も増えている。