東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で判明したテロなどを防ぐ核物質防護設備の不備を巡り、東電の小早川智明社長は25日、新潟県庁で花角英世知事と会談し、経緯や再発防止に向けた取り組みを報告した。花角知事は「県民の信頼は大きく損なわれたと受け止めていただきたい」と東電の対応を批判した。

 花角知事は「原子炉の運転を的確に遂行する技術的能力があるのか、疑問符が付く状況だ」と指摘した上で「あとは行動と実績で示してほしい」と求めた。小早川氏は「徹底的に原因を確認した上で、生まれ変わる気持ちで発電所を立て直していきたい」と応じた。