中京大中京が投手戦を制した。畔柳は球威のある直球に切れのあるスライダーを織り交ぜて6安打で完封。12三振を奪った。打線は七回2死二塁で途中出場の櫛田が左翼への2点ランニング本塁打を放ち、均衡を破った。

 専大松戸は好機はつくったが、本塁が遠かった。3安打2失点と力投した深沢を援護できなかった。