【ワシントン共同】バイデン米大統領は24日、南部のメキシコ国境から入国を試みる移民が急増している問題について、ハリス副大統領が政府の対応を率いると明らかにした。ホワイトハウスでの会合で語った。ハリス氏は近隣国と連携し、米国に不法入国しようとする人々を減らす方策を模索する。

 副大統領を責任者に指名することで、深刻化する問題に優先的に取り組む姿勢を示す狙いもありそうだ。ハリス氏は「簡単ではないが、重要な仕事だ」と述べ、メキシコやエルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスの政府や市民団体との連携を目指す考えを示した。