【ベルリン共同】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の欧州予選が24日、各地で始まり、前回大会覇者でD組のフランスはホームでウクライナと1―1で引き分けた。

 前回準優勝でH組のクロアチアはアウェーでスロベニアに0―1の黒星。A組はポルトガルが1―0でアゼルバイジャンを退け、ストイコビッチ監督が就任したセルビアは3―2でアイルランドに勝った。G組で2大会ぶりに本大会出場を目指すオランダは、敵地でトルコに2―4で屈した。

 欧州の出場枠は13。55チームがA―J組に分かれる予選は11月まで行われ、各組1位が出場権を獲得する。