新電力のF―Power(エフパワー、東京都港区)が24日、会社更生手続きの開始を東京地裁に申請し、受理されたと発表した。自前の発電に加え、卸電力市場価格で電力を調達し、企業などに供給しているが、この冬の寒波で市場価格が高騰し、経営が行き詰まった。

 東京商工リサーチによると、負債総額は243億円。電力価格高騰では初の経営破綻とみられる。エフパワーは2018年4月には電力販売量で新電力1位だったが、20年11月には17位に落ち込んでいた。同社ホームページによると、新潟市などに発電所がある。

 エフパワーはスポンサーを探し、再建を目指す。